歯科矯正の治療経過 | こじま矯正歯科クリニック
STAFF BLOG
スタッフ矯正ブログ

こんにちは、受付の土田です。

去年の6月に装置をつけたので、歯科矯正を始めてから1年経ちました。

その間の治療経過のブログ記事は3つ、今回を含めて4つになるわけですが……(笑)。

調整3回分くらいの様子をまとめて写真で見比べるほうが変化が分かりやすいかと思ってこのような形を取っているのですが、代わりにマメさはなくなってしまいますね。

数が少ないぶん、内容を充実させるよう励みます。

たまに相談でご来院された方、通院中の患者様より「ブログを見た」と声をかけていただくことがありまして、すごく嬉しいです。

励みになっております、ありがとうございます。

よければ今後ともよろしくお願いいたします。

さて、本題の治療の様子ですが、まずは前回の歯並びの写真から。

  
 

ひと月後。

  
 

さらにひと月後。

  

 

さらにもうひと月後。

  

 

変わったことでいうと、前回埋めたインプラントから、新しく上のワイヤーにつけたフックにゴムをかけて歯を引っ張り始めたことが一番大きいです。

こうやって見ると、力づくというか、すごいことしてるなぁと思いますね(笑)。

途中でフックの位置が変わってるのは、歯茎に当たって歯茎が腫れてしまったので位置を変えてもらったためです。

ゴムがかかってることで、食事の際にはゴムに食べ物が引っかかるようになりました。

すぐ取れますし口を開けても見える位置ではないのでさほど不便は感じてはいませんが、とくに白菜やニラなんかのお野菜は引っかかりやすく、長いのもあって食事中少し邪魔ではあります。

歯並び自体は順調に隙間も閉じていて、上の右側(写真で向かって左側)の抜歯したところは、まるでもともと歯がなかったかのようにすっかり隙間が無くなりました。

私の場合どうも右側が動きやすいようで、下のほうも左側(写真で向かって右側)に比べて隙間が閉じていくペースが速いです。

そろそろ左側についてる仮歯も取れたら嬉しいんですが……こちらはもうしばらく付き合いが続きそうです。

あと気になるところでいえば、写真では分かりづらいですが、上の歯の中心が少しずつ右側(写真では向かって左側)にずれています。

右側の動きが速いのでいたしかたないところではありますが、早く左側も動いてほしいですね。

ということで、今回は以上になります。ここまで読んでくださってありがとうございました。

次回はまた何度か調整してから更新します。

いよいよ上の親知らずをどうするか……ということで、当院でCTを撮影し、3D画像で確認して、院長と相談して進めていくことになります。

抜歯も1年ぶりとなり少し緊張しますが、またそのお話もこちらでさせていただこうと思います。

よろしくお願いいたします。

茨木 高槻 吹田の歯ならび・かみ合わせ専門矯正歯科医院
大阪 茨木市 こじま矯正歯科クリニック

 
CONTACT
ご予約・お問い合わせ
TEL:072-638-1113
24時間WEB予約
  • ※(◎)月曜日、日曜日は月1回
  • ※休診日/木曜・祝日
診療時間
10:30-13:00
-
15:00-19:30
-
-
-
14:00-18:00
-
-
-
-
-

院内設備のご紹介

矯正に関するよくあるご質問

こじま矯正歯科ブログ

こじま矯正歯科クリニック求人情報

Web問診票