抜歯のタイミング | こじま矯正歯科クリニック
BLOG
こじま矯正歯科ブログ

矯正治療を始めるにあたり、抜歯が必要な場合があります。

 

皆さんが気にされるのは、「どのくらい痛いのか」「いつ抜けばいいのか」

 

お仕事や学校などを何とか調整されて抜くわけですから、抜歯後の見通しまである程度つけられた方が安心かと思います。

抜歯に関しては、部位や生え方、埋伏具合によりけりですが、下顎の親知らずの場合、埋伏し周囲骨を削って抜くような生え方をされている場合、翌日・翌々日をピークに痛みと腫れが生じます。

腫れるので、口を開けづらい、食べにくい、喋りにくいといった症状と、人によってはほっぺたが人から見てもわかるほど腫れる場合があります。

ですので、食べるものにも少し気を遣いますし、抜歯後に痛み止めが処方されますが、やはり痛み止めが切れると痛むという方が大半です。

1週間程度で、痛みも腫れも落ち着いてきますが、このような症状が出る場合がありますので、大切なお仕事の前や、大きなイベントの直前は控えられた方がいいかな、と思います。

 

また、小臼歯の抜歯は、一般的な親知らずと比べて、腫れも痛みも少ない場合がほとんどですが、意外に皆さんおっしゃるのは、術後「食べにくい」ということ。

歯列の中では左右のちょうど真ん中あたりで、痛みがあまりないので普通に食べられるような気がするのですが、前歯で噛むにも奥歯で噛むにも、どうしても食べ物が抜歯したところに触れて噛みにくい場合があります。特に抜歯直後だと、普通にしていれば痛くないのだけど、食べ物が当たると痛む、ということもあります。

1週間もすれば、体が慣れて、うまく噛めるようになったりするのですが、こちらも抜歯直後の大切な会食なんかは控えておいた方が気持ち的に安心かもしれません。

 

茨木 高槻 吹田の歯ならび・かみ合わせ専門矯正歯科医院

大阪 茨木市 こじま矯正歯科クリニック

 

 
CONTACT
ご予約・お問い合わせ
TEL:072-638-1113
24時間WEB予約
  • ※(◎)月曜日、日曜日は月1回
  • ※休診日/木曜・祝日
診療時間
10:30-13:00
-
15:00-19:30
-
-
-
14:00-18:00
-
-
-
-
-

院内設備のご紹介

矯正に関するよくあるご質問

こじま矯正歯科ブログ

こじま矯正歯科クリニック求人情報

Web問診票