BLOG
こじま矯正歯科ブログ

本日は裏側矯正についてお話しします。

 

表側矯正治療と裏側矯正治療の一番の違いは、裏側矯正治療は表から見えないところです。

ブラケット(ワイヤーを通す溝)を歯の裏側に貼り、そこにワイヤーを通す為、目立ちません。

 

裏側矯正治療のメリットは、歯の内側には舌や、唾が出る腺(唾液腺)の出口があるため、自浄性が良く、表側の装置と比較して虫歯になりにくいという報告があります。ただ、表側よりなりにくいというだけで、矯正装置が入っていることで、食べかすは停滞しやすい状態です。いずれにせよ、歯みがきはしっかりと行う必要があります。

 

 

注意点としては、歯の裏側にブラケットが付くため、表側より話しにくく、発音が少ししづらい点が挙げられます。電話でのお仕事の方、人前でお話をされるようなお仕事の方には少しお勧めしにくいです。

 

 

治療期間については、患者さん一人一人の元々の歯ならびによって異なりますが、表側と大きくは変わらないことが多いです。

 

また、裏側にしたいけど費用が高いと思われる方にお勧めなのが、目立つ上の歯は裏側で、比較的目立ちにくい下の歯は表側という方法もあり、その場合、全て裏側で矯正治療を行うよりも、費用を抑えることができます。

 

基本的には笑ったりおしゃべりをする時に見えるのは、ほとんど上の歯のため、気づかれにくいです。

 

 

いろいろな組み合わせでの治療も可能ですので、是非相談にいらして下さい。

 

 

茨木 高槻 吹田の歯ならび・かみ合わせ専門矯正歯科医院

大阪 茨木市 こじま矯正歯科クリニック
小島 俊逸

 
CONTACT
ご予約・お問い合わせ
TEL:072-638-1113
24時間WEB予約
  • ※(◎)月曜日、日曜日は月1回
  • ※休診日/木曜・祝日
診療時間
10:30-13:00
-
15:00-19:30
-
-
-
14:00-18:00
-
-
-
-
-

院内設備のご紹介

矯正に関するよくあるご質問

こじま矯正歯科ブログ

こじま矯正歯科クリニック求人情報