BLOG
こじま矯正歯科ブログ

矯正治療の流れの中で、親知らずを抜歯する場合があります。
親知らずは、永久歯の中で一番最後に生える歯で、10代後半~20代前半ごろという親の知らないころに萌出してくることから、その名前が付けられたとされています。
親知らずは、上下左右計4本生えてくる方もいれば、下だけ2本生えてくる方、生えていないだけで、歯肉やあごの骨の中に埋伏している方、横向きに生えてくる方、もともと親知らず自体がない方もおられます。
親知らず=抜歯しないといけない というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、歯科的には親知らずがきっちり生えそろって咬合に関与し、尚且つしっかり清潔にセルフケアをできるような状態であれば特に抜く必要はなかったりします。
横向きに生えてきたことにより、手前の歯が虫歯になってしまったり、親知らずの位置的にしっかりとブラッシングができず、虫歯になってしまうような状態であれば、抜歯も検討したほうがよかったりします。

ただ、親知らずの抜歯自体もリスクがあります。
下顎の骨の中を通る神経に、親知らずが近接している場合、術後下唇周囲の皮膚の知覚が鈍くなったりすることがあります。時間経過とともにその範囲も縮小してきたり、気にならなくなってくる方がほとんどですが、個人差やもともとの生え方の状態によるところが多かったりします。
他にも、出血や感染等のリスクや内科的な疾患をお持ちだったり、薬の影響で抜歯出来ない、あるいは抜歯に特別な配慮が必要な場合もあります。
親知らずの抜歯は、口腔外科の領域になりますので、当院では抜歯の際は近隣の口腔外科のある病院へご紹介させていただきます。

それから、なんとなく矯正を考えている中で親知らずの抜歯を勧められた方の場合、場合によっては親知らずを使って歯を並べることができる場合もあります。
親知らずの抜歯前であれば、矯正の選択肢に広がりを持てる場合もあります。
一度ご相談いただければと思います。

茨木 高槻 吹田の歯ならび・かみ合わせ専門矯正歯科医院
大阪 茨木市 こじま矯正歯科クリニック
小島 俊逸

 
CONTACT
ご予約・お問い合わせ
TEL:072-638-1113
24時間WEB予約
  • ※(◎)月曜日、日曜日は月1回
  • ※休診日/木曜・祝日
診療時間
10:30-13:00
-
15:00-19:30
-
-
-
14:00-18:00
-
-
-
-
-

院内設備のご紹介

矯正に関するよくあるご質問

こじま矯正歯科ブログ

こじま矯正歯科クリニック求人情報